色々な形があるアンダーヘアのデザイン

女性達が気にしているムダ毛の代表が、脇とアンダーヘアです。他にも脱毛サロンではひじ下、ひざ下の施術希望者が多くいます。脇やひじ、ひざなどは全ての毛を脱毛してしまうことを想定していますが、実は難しいのがアンダーヘアの脱毛です。
アンダーヘアの脱毛といったらVラインだろうと想定するでしょうが、実は各脱毛サロンでこのVラインの定義というのが少々異なってきます。アンダーヘアを正面から見て、足の付け根からV字のサイドラインがVラインとされていることが多く、アンダーヘア上部はヘソ下として、Vラインと区別されていることもあるのです。基本的にはショーツの横からはみ出てしまう毛を処理することを目的としていることが多いので、アンダーヘア全体を脱毛したいと考えているかたは、Vラインだけでは希望部位が含まれない場合があります。施術前にサロンに確認しておく必要があるでしょう。
自己処理がしづらい部位ですので、アンダーヘアの施術を希望するかたは他にへそ下やIOラインの脱毛を希望するかたが多いのも特徴です。そして、アンダーヘアの形をどのように残すのかということがとても重要になりますので、カウンセリングでスタッフとの念入りな話し合いが必要になります。
アンダーヘアの理想型はそれぞれ好みによって異なるでしょう。トライアングル型にスクエア型、はたまたオーバル型やハート型、ツルツルにしてしまうハイジニーナに至るまで、様々です。
日本ではナチュラルな形状であるトライアングル型が人気です。そしてそのトライアングル型にも大きさがあります。Vラインとへそ下を上手く組み合わせて、理想型に近づけるようにしましょう。
注意したいのは、脱毛をすることでアンダーヘアを元の形に戻せなくなってしまうということです。
後悔しないように、よく考えてから脱毛施術を行うようにしましょう。

 

 

美容のために脱毛をはじめました

美容のために、一年前から取り組んでいることといえば脱毛です。
脱毛はお金がかかりそうなイメージが有り心配でしたが、最近は非常にリーズナブルなコストで脱毛を楽しめるサロンやクリニックも多いですし、私はキャンペーンを活用して脱毛サロンに通い始めることにしました。
脱毛で人気なパーツといえばやはりワキなので、私はワキと膝下をお手入れしています。
ワキは半袖やノースリーブの洋服を楽しむ際には処理が欠かせない部分なので、脱毛を始める前まではほとんど毎日カミソリなどで無駄毛処理してました。
しかし、脱毛に取り組み始めてからは徐々に無駄毛があまり生えてこなくなり、非常にすべすべのきれいな肌を手に入れることが出来てとても感動しました。
かなり太くて目立っており、一本の毛穴から3本ほど無駄毛が生えることもあったワキでしたが、脱毛の施術を6回程度重ねた結果、本当に細い産毛の状態のムダ毛が少ししか生えてこなくなり、目立っていた毛穴の黒ずみや開きも解消しました。
脱毛といえば痛いという懸念がありましたが、最近の脱毛では肌へ光を照射してもらうだけで、毛を直に引っこ抜いたりすることはないので全く痛さや刺激もなく驚きました。
脱毛サロンは完全個室でお手入れできるので、美容院などと違って他の客の様子が気になることも有りません。
最近の脱毛は施術もかなりスピーディー化しており、ワキと膝下の施術合わせてみても、わずか30分程度ととても短時間でお手入れしてもらえたので快適で安心しました。